ナビ移設(実地編)

Peugeot206 comments(0) trackbacks(0) shimix
Panasonicのナビ(CN-GL411D)を移設しました。買っていたBeat-Sonicさんのホルダ(QG12)とステー(QBD-18)を使いました。ステーはQBD-15とどっちにしようか悩んだけど、多少は上下左右に動かせた方がいいかなと。それにQBD-18はL型フック部分がネジ止めなので、万が一1DINスペースの下側にステーが挿せなくても上側に挿して上下逆にする(フック部分の上下を入れ替えてステーを下向きに出す)なんてことも出来ますからね(Beat-Sonicさんの設置例の写真で1DINの上側に挿せるのは確認済み)。

実際には(写真のとおり)ちゃんと下側に挿せました(^^)v
 
電源の取り回しなどはこれから
見易さは当然オンダッシュの方がいいですが、インダッシュ(の位置)は操作しやすいのが利点だしインダッシュとしては比較的見易い部類だと思います。車種によってはアップライトなポジションなのにインダッシュの2DINスペースが一番下なんてのもありますからね。

移設が終わったばかりですが、もうすぐ2016年の地図データが出てくるんですよね(by ZENRIN)。で、その頃には2016年の新製品(CN-G500D)も出ます。もちろん新製品価格なので手が出ませんが、お陰で2015年のCN-GP550Dが安くなってます。2015年モデルとはいってもSSD16GB,解像度800x480ですから、今のCN-GL411D(SSD8GB,解像度480x272)とは世代が違います。10k弱(ダウンロード版の価格)で地図を更新するか20kで本体から入れ替えるかが悩みどころです。

世代が違うために車載用スタンドもCA-PTQ50DからCA-PTQ22Dに変更になってる(Beat-SonicさんのホルダもQG1に変更しないといけない)し、明るさセンサーが省かれているなど微妙に退化している部分もあるらしい。困ったもんだなぁ>Panasonic(汗
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM