燃料ポンプのリレー(リーク)

Peugeot206 comments(0) trackbacks(0) shimix

エンジン警告灯が点いてストップしてしまっていたウチの子猫。原因が判明しました。

 

燃料ポンプのリレーがリークを起こす(ことがある)状態だったそうです。燃料ポンプ自体は問題ないけど、リレーの動作不良で供給停止→ストップという図式。ただし例によって当該箇所だけの修理は無理で、リレーユニット一式での交換になるとのこと。

 

うーむ。困った。今年の車両予算は使い切っている(汗

エンジン警告灯(汗

Peugeot206 comments(0) trackbacks(0) shimix

エンジン警告灯が点灯してエンストする・・という現象が多発するようになりました(汗

 

エンジン始動時に警告灯が点いているときはそのまま(点灯したまま)走れるんですが、警告灯が点灯するタイミングでエンストしたらその後は始動困難になります。ちょっと放置していれば始動出来ることも多いのですが、友人を迎えに行くときに駐車場を出て50mでストップしたときは数時間ダメでした(雨の中、邪魔にならない場所まで移動させるのも一苦労)。

 

プジョーに持ち込んでコンピュータのログを確認しないことには原因がわからないという困った状況です。最近の調子から考えると吸気系の不具合っぽい気もしますけどね。O2センサーの故障とかもけっこうあるみたいだし・・・。今回はどういう原因で日数&金額が如何ほどになるのか(ちょっと怖い)。

ドアバイザー取付け

Peugeot206 comments(0) trackbacks(0) shimix

ウィンドウを少しだけ開けておくときに便利なドアバイザー。便利だけど206には似合わない。206でバイザーを取付けてるのは本当に少ない。後付けのバイザーでフォルムを損ないたくないという意見が多数派です。

 

私も利便性のためにフォルムを損なうのはイヤで、雨が降ったら煙草はガマンしてました(それほどヘビースモーカーじゃないし)。ところがClimAirのバイザーが『挟み込みタイプ』でフォルムを損なわないという情報が!!

ただし『Made in Germany』なのでそれなりのお値段です。安価な製品(中華製)とは性能も価格も一線を画してます。悩んだのですが一気に前後ともやっちゃいました。

この外観なら違和感ないですね

取付はこんな感じです。フロントは本当には挟み込むだけ。最初に聞いたときはビックリしたけど、取付けてみれば「なるほど、これなら挟み込むだけで大丈夫だろうな」と思います。硬質なバイザーがガッチリと食い込んで動きません。ドアミラー側の縦幅を目一杯使って突っ張ってます。

縦で支える部分は折りたたまれたドアミラーのための「逃げ」を作っていたりもします。さすがドイツ製、精度は抜群です。車体本体の精度の方がアレかも(英国工場製のフランス車なのでね)。

リアは突っ張るポイントがないので少量の接着剤を併用します。ウェザーストリップに差し込む部分に貼られている細いテープ(数ミリ)を剥がすと接着面になってます。いずれにしても外観はスッキリしてます。

バルブ交換(ヘッドライト)

Peugeot206 comments(0) trackbacks(0) shimix

以前のドライブベルト切れのときにはすでに発覚していたLoビーム切れ。やっと交換する時間が取れました。切れていたのは左側ですが、ライト切れによる交換の定石に従い左右とも交換です。右側はウォッシャータンクの注入口と干渉するのでその部分を取り外すという一手間がかかります。

 

モノはPIAAのHS30。ケルビン数は5000。ごく普通の(少し白いかなという程度の)バルブです。前のオーナーが交換していたバルブもPIAAだったんですが真っ白でかなり青味が強かった。多分6000Kだったのかな。やっと『普通』になりました。

スタータ故障

Peugeot206 comments(0) trackbacks(0) shimix

たまに一発でスタータ(セルモータ)が回らないことが多くなったな・・・と思っていたんですが、今日のお昼に「どう足掻いても回らない」状態になってしましました。念のためチャースタLite(※1)も繋いでみるけど状態は変わらず。ということはバッテリーじゃなくてスタータ本体の故障の可能性大。急遽修理の手配をして「終業後にJAF呼んで車両持込み」を予定。

 

終業後にJAFを呼ぶ前に一度再試行しておこうと思ってやってみると数回目で回りエンジン始動しました。でもどのみちアテに出来る状態ではないので、そのまま自走で修理持込み。結局スタータ交換となりました。

ドライブベルト切れ

Peugeot206 comments(0) trackbacks(0) shimix

まったく突然に、ボンネットから『バチャバチャ』というか『ガチャガチャ』と音が鳴り始めました。信号停止していて青信号になって発進した途端です。慌てて停めて確認すると、ドライブベルトが損傷して、6山のうちの一山が削れていってる。その破片(というか紐状のゴム)がボンネットの中で暴れた音だったようです。

 

所用はあるけど駐車場に引き返すか・・と悩んで戻っていると、音が止む。急ぎ所用を片付けて再度ボンネットを開けてみる。削れたゴム部分が残っていると音がして、完全に脱落してしまうと止むというのを繰り返していた模様。最終的に6山のうち3山までが削れてしまい、ベルト自体が切れてしまいました。戻る直前に「わっ!ハンドル重っ!」と感じたときには切れていたんでしょうね(206はパワステポンプも担っている)。それにしては充電不良のはずなのに警告灯が点かなかったなと思って再度確認すると、今度はしっかりとバッテリーのカタチの警告灯が点灯してる。ギリギリか(汗

 

ベルト切れとなった以上、あとはもうバッテリーが残っている間しか動かせない(点火しなくなりますからね)ので修理入庫。

 

オルタネータのプーリ−に錆が発生して、ベルトが損傷し、少しずつ削っていたようです。で、ベルトの損傷が閾値を超えたところであとは切れるまで一気に。万一どれかのプーリーが回ってない(それで欠損していった)とかだと面倒だなと思っていましたが、錆びたプーリーと切れたベルトの交換で済みました。まぁ回ってなくて大丈夫なプーリーなんてない(何らかの異常警告が点くはず)ですけどね。

 

実はヘッドライトのバルブが切れ(左のLo)ていて、すでに交換バルブは購入済み(PIAA selectの色温度5000K)。「ついでにやっておいて」とお願いはしていたけど、今回は見送られた模様(汗)。来週末開けて交換しなきゃ。

車検

Peugeot206 comments(0) trackbacks(0) shimix

車検期日が1/19だったので去年のうちに出しておこうか悩んでいたんですが、結局年明けの車検になりました。入庫日:2017/01/18、出庫日2017/03/06っていったいどれだけの大仕事やったんだって思いますよね(苦笑)。

 

交換したのはタイミングベルト、ウォーターポンプ、ヘッドガスケット、カムシール、クランクシール、ウィンカーレバーASSY・・・。通常の車検整備に+80kほどかかってしまいました(大汗

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM